ゴシゴシと力をいれてこすると、肌を傷つけてしまう

公開日: 

ゴシゴシと力をいれてこすると、肌を傷つけてしまう恐れがあるとともに乾燥の原因となります。タオルで拭き終わったらなるだけ時間を空けずに化粧水を塗ってください。
洗顔後は肌に含まれる水分量がとりわけ飛びやすいため、早めに行いましょう。気温が下がるとどうしてもヒーターなどを使用してしまいますが、暖房器具により部屋の温度が高くなると湿度が低くなってしまって、肌が乾燥することへとつながっていってしまうのです。

さらに食事の栄養バランスも大切です。

シャワーから出るお湯を直接かける行為はNGです。

それから、過剰に洗うのは重要な皮脂まで洗い流してしまうことも考えられるので、気をつけてください。また、洗顔が終わったらタオルでそっと拭くようにしてください。
寒くなってくると同時に空気が乾燥して湿度が下がるので、顔が乾燥してしまい、肌が荒れてしまうという方も多いのではないでしょうか。
この原因は気温が下がるとともに大気中に含まれる水分量が減って、肌の水分も減ってしまうからなのです。
もし万一睡眠の時間が不足してしまったら、十分に成長ホルモンの分泌がされないため、それによって肌があれてしまうことに関係してきます。そして、暖房器具の利用のし過ぎにも注意しましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑